不動産契約書の重要性

不動産売買での契約書確認

不動産の売買と契約書

不動産の売買を効果的に行いたい場合には、事前に契約書の内容をきちんと確認することが重要となります。とりわけ、優秀なスタッフが在籍している不動産会社にサポートを依頼するためには、様々な知識が必要とされますが、経験者のあアドバイスを参考にしながら、理想的な契約プランを選ぶことが良いでしょう。最近では、土地や家屋の売却のテクニックの重要性について、様々なメディアで紹介される機会が増えてきており、いざという時に備えて、事前に契約書の内容を担当者に丁寧に説明をしてもらうことで、リスクを防ぐことができます。

不動産を売買した時の所得税

土地や建物を売買したときの所得税の計算を考えてみます。所得ですから、収入から経費を差引きます。収入は問題ありませんが、経費が難しいのです。土地の場合は買った時の価格、建物の場合は買った時の価格から売る直前までの価値の低下を差し引くことになります。また、買った価格がわからない場合は、売った金額の5%を買った価格とします。こうして計算した所得は、他の所得と分離して一定の税率を乗じて所得税を計算します。税率は不動産の所有の期間によって2種類になります。さらに難しいのは、特例があることです。代表的なものは、そこに居住していた場合には所得金額から3千万円を控除できます。収用された場合は、収用の内容を区分し様々な所得に分類します。不動産の売買に関しては専門家に相談するのが良いでしょう。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産売買での契約書確認 All rights reserved