不動産の売買手続き

不動産売買での仲介手数料

不動産売買で発生する仲介手数料

不動産の売買の手続きを取るにあたり、多額の仲介手数料が発生することがあるため、依頼先の業者のシステムをじっくりと理解することが重要です。特に、良質なサービスが行われている業者の選び方については、数々の情報誌や口コミサイトなどで分かりやすく紹介されているため、具体的な業者選びのテクニックを身に着けることが良いでしょう。そして、リーズナブルな仲介手数料が設定されている不動産会社のメリットやデメリットを見極めるうえで、同年代の顧客のレビューを参考にすることで、いつでも将来的な不安を取り除くことができます。

不動産売買での所有権移転の登記

不動産取引をする場合には売買契約書を交わすのが一般的で、それによって土地や建物を受け取ったり渡したりすることになります。ただ契約を交わしたとしても所有権移転の登記をしなければ、善意の第三者に対抗できないのでその点は注意が必要です。特に不動産取引によってある土地や建物を購入した場合に、相手と契約をして物件を取得した場合でも所有権移転の登記をしないとその土地や建物は他の人の手に渡ってしまうこともあります。ですから売買契約書を交わしたからと言って終わりではなく、しっかりと相手方に所有権移転の登記に協力するように求めることが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産売買での契約書確認 All rights reserved